30代独身ジャニヲタのひとりごと

なんてことはない壮絶なるひとりごと。

初めては一度きり~ピーチガールが思いのほか楽しかった話~

 

私は恋愛映画が苦手だ。

 

というよりあまり見たことがない。

年齢が年齢なのもそうなんだけど少女漫画も中学生で卒業したくらい
ろくにラブストーリーの漫画を読むこともなかった。

原作は知っていたし読んではいたけどピーチガールも最初の5,6巻までしか読んでない気がする。

 

映画に出ると発表された時はかなり驚いた。
そして「なしてピーチガール?!!」となったし、正直最初は

うわ・・ラブストーリーか・・。

というのが正直な感想だった。

 

もちろん初出演しかも主演なんてこんな名誉なことはない全力で応援だ!!!と思ったのも事実だけど、キスシーンが嫌とか相手の女優さんに嫉妬するなんて気持ちは微塵もなくて、ただ単純にそういう好いた惚れたの恋愛映画にきゅんきゅんするような年齢でも性格でもなかったからだ。

 

しかし蓋を開けてみるとこれが最高だった!!

 

今回はその件について語ろうと思う。

 

まず恋愛映画の好いた惚れたは高校を卒業して20年近く経つ私には正直縁遠い話だ。

だけどこの映画の中にはその好いた惚れたはまず前提として、それから先「人の為に何かする」とか「自分のコンプレックスに立ち向かう」とか「本当にしたいことはなにか」とかそういう未来を選択する若者たちの成長がその恋の三角関係よりももっと色濃く描かれていた。

例えるならば高校時代のアルバムをみんなで見ているような感覚だろうか。

覚えのあるなしではなくて単純なラブストーリーだけではなく誰かが思っていた抱えていたであろう葛藤や真っすぐな思いみたいなものを改めて見せられるようなそんな作品に仕上がっていた。

 

ジェットコースターのような急展開なシナリオに最初は置いて行かれそうになりながらも場面が進むごことにどんどん引き込まれていって、エンドロールでは心から笑顔になれた。
もっと見ていたい深く掘り下げてほしいシーンは沢山あったけど、この二時間の中に私の観たかったものは全て詰まっていた。

シナリオとか作品的な評価は価値観がそれぞれ違うのでそれは専門家に任せるとして、恋愛映画が苦手な私がとても楽しめた。ということだけは事実だ。

私は映画の作品的な価値はシナリオや演出の良さだけではないと思っているし、見る人が楽しめるのならそれはその人にとってはハリウッド映画と同じ、もしくはそれ以上の価値があると思っている。


公開から10日経ち、いのぺで伊野尾くんが語っていた「初めては一度きり」という言葉が私はとても好きだ。
この映画は伊野尾君にとって初めての映画でとても大切な思い出が詰まった大切な映画になった。
普段ふざけたり詩的な文章で興味を引きがちなかれのブログ記事にしては素直でまっすぐでとてもまじめでまるでまっさらな高校生の少年そのもののようだった。

私はそれだけで応援するファンとしても一視聴者としてもこの映画をみた甲斐があった。応援していて良かった、と思えたし私にとっても思い出深い作品となった。

 

 

そしてこれは私が個人的に好きなちょっとぐっときたシーンなんだけど、ヤンキーのお兄さんたちに絡まれてももにもらったストラップを海に投げられてそれを探しに行くシーン。
このシーンが個人的にすごくツボだった。
海にストラップ探しに走るところの演出がすごくて、YUKIさんのドラマティックがBGMというには大音量で流れていて、映像は0.5倍速くらいなんだけど、その爽やかな音楽に乗せて狂ったように海に入っていくカイリ。
映像としては少し引きで、髪の毛で隠れているのもあって表情もあまり見えないんだけどとにかく狂ったように海の中でストラップを探して暴れている一見シュールなんだけど、ここにカイリという人物とそれを演じた伊野尾君の本質の一部みたいなものを見た気がした。
カイリは明るくて可愛くてウザくていいやつでちゃらくて素直で一生懸命でやっぱりかわいい。
だからきっとこのキャスティングがは正解だったんだなあ・・とそんな気持ちになった。


まだまだ語りたい感想は沢山あるけど長くなりそうなのでこのへんで・・・。


ありがとうピーチガール!!
あと何回観に行こうかな!!!

 

横尾さん

横尾さんお誕生日おめでとう。
31歳ですね。
(この記事は5月に書いたのですが上げそびれていました)




前回掛け持ちをする私の自担が3人いるよ、という記事を書いた。
今日はかなり過ぎてしまったけど、横尾さんの生誕を記念して横尾さんについてまとめることにする。




横尾さんと私の出会いは3年前
舞祭組の二枚目のシングル「てぃーてぃー(以下略)」が発売された時だった。
オリコン1位が取れなくて罰ゲームとしてスカイダイビングをさせられる・・というロケだったのだが何を思ったか、完全にリアクションを間違えて普通に楽しんでしまっている横尾渉がいた。

「たのしいー」


キャッキャッと、空から華麗に舞い降りてきて八重歯を覗かせて笑顔を見せる手足の長い鼠色のスーツのイケメン
それが私と横尾渉との出会いだった。


正直ちょっとその瞬間一目ぼれだった。
何この人ブサイクってなんで?イケメンじゃん!!!!!?見事に心臓を撃ち抜かれた私は翌日から寝る間も惜しんで横尾渉について調べまくっていた。
買えるものは全て買い、ツイッターやネットでファンの言葉や過去の出来事を見まくっていた。

足長い!!顔かっこいい!!手最高綺麗!!!好き!!





単純ですね。



横尾さんを最初に知った時にはすでに彼は舞祭組の横尾渉という一面も兼任していた。

恐らくそれを良しとするかどうかはファンの価値観もそれぞれなので同じではないと思う。
しかし私の中では
「この人はこういうキャラとして自分のプライドとか見栄とかよりより見てもらえる笑ってもらえる方を選んで仕事しているプロなんだな」
という印象があった。

実際ライブDVDを見ればその師匠の姿はなりを潜め軽やかにローラーで滑り、しなやかに美しい指を動かし舞い踊るイケメンしかいないわけで、その顔を使い分けてバラエティもアイドルも両方できる人なんだなと思ったのだ。

※しかし私は相当なお花畑なので未だに横尾さんは本当は歌が上手い説を推している。

滑舌が良くないのも事実だ。特に緊張したり焦ると舌が回らなくなる。




でも恐らく私は、その苦手を隠して見栄を張ってプライドの殻を被ったままの状態の横尾さんには出会えなかったと思う。
ありのままの姿見せるありのままの自分になる横尾渉が地上数千mの上空からねずみ色のスーツを着て飛び降りてきてくれたから
今の私と横尾さんの関係があるのだ(赤の他人です)


アイドルなのだからキラキラしてほしいかっこよくいてほしいと思うのは当然だ。
しかし私は彼に関してはそれがすべてではなく「媚びない曲げない腐らない」自分にできることを増やしていくこと
苦手なものを隠すのではなくそれを克服したりそれを同等の新たな武器を探し出すことの大切さを教えられた。

ジャニーズは変わった人の集まりだけど、横尾さんという人間は人間性としては事務所内でも私が好きなグループの
人たちの中ではかなり上位に食い込むほど「一般的な思想をもった普通の人」だと思っている。
真面目とかいい人とかそういう基準ではなく、普通の人間のまともな感覚をもった大人・・という意味でだ。
だからこそ彼にとって芸能界は生き辛く正直迷うことが多かったのではないかとも思う。
生き辛い状況で不器用な心と向き合って必死に頑張っているそれが横尾渉で、それが興味深く面白いのだ。




横尾さんの好きなところは全く持って普通の人なのにすごく自分と闘いながらアイドルを続けているその
動向が非常に面白いところでもある。


ちょっとした出来事があった。
アイドルにはつきものの事件だけどそれには多くの意見が飛び交いっていた。

そのことを踏まえまともな人なら恐らくブログにはファンを気遣い、あえるの楽しみだとかアルバム聞いてねだとか優等生な記事を書いていただろう。
だけど横尾渉はそうしなかった。


現状を受け入れ見苦しい言い訳などすることもなくただ毅然とした態度を貫いたのだ。
それが意図的なものなのか、なにかのメッセージなのか真意はわからないけど横尾渉は人並みの媚びをする以上のなにかを私たちにぶつけてきてくれた。



それがいいとか悪いとかは価値観次第なので決められない。
媚びへつらうことなく自分らしくあるがままの今を書き言い訳をするでもなく、ただ会場ではいつもより気持ちばかり多めのファンサを見せてくれた、その彼の心情はわからない。
けど彼はこの状況に対して下手な言い訳やごまかしや媚びを見せることなく「横尾渉」のままステージに立ってくれたのだ。

私はもうそれで十分だな、と納得したし感謝もした。


彼が彼の中の常識とプライドと大切にしたいものを抱えて戦う様は人が生きる身近なところの感覚にとても近い。
不条理だったり、腐ってしまいたくなったり、けど大切なものを抱えてそしてわずかな喜びやその先に未来を見て戦う
そんな感覚を持っていながら、だれよりも甘えん坊で我儘でチョットめんどくさい人。
普通の人であり普通の人の殻を破った強い精神と意志の持ち主。


ありがとう横尾さん。
私はあなたからプライドと闘うことや逃げない勇気を教えてもらいました。


お誕生日おめでとう31歳のあなたに幸あれ!!!

これからもずっと大好きだよ!

DEAR.の感想的なあれ

DEAR.のDVDが発売されたので感想的なものをまとめてみた。


2016年夏私は大阪城ホール公演に初めて参戦した。
これが生まれて初めての生Hey!Say!JUMPだった。


当然というかもう期待値が高すぎてテンション上がり切ってしまっていたのか
終わったら何も覚えていない(ただ伊野尾君の顔をみていたことだけは覚えている)という不測の事態に陥ってしまっていた。

なのでなんとかどうしてももう一度みたいと思って、カウコンに参戦した。
運よく当たったから年末だけど東京に飛んだ。
けどやっぱり終わってみたら頭真っ白で覚えていない。
それほど衝撃的だったのかぶっとんでしまうほど興奮しきっていたのか良くわからないけど最終的にこのDVDが発売されるまでセトリも衣装も構成もほぼ記憶になかった。


ずーっと待っていたDEARのDVDが発売されて今日初めてフルで鑑賞できた。
だがまず大阪とカウコンとどこがどうセトリが変わっているか分からない(笑)
もう私のポンコツ脳みそのせいで自分の観た公演との違いやそれぞれの感想など不可能なのでこれはただ単にDVDをみた感想だけにする。


【伊野尾担的好きポイント】

・SIUの服くしゃってするとこと、細い二の腕とシャツの隙間(あとテイスティ~のとこの人差し指)
・口説きますがただただ可愛い・双子最高
・orderのウインク&ダンス
・We are男の子!の「あーデートに誘いたい」のところの歌声と顔
・我INeedYouの「唇奪っちゃっていいですか~?」のところのカメラに抜かれたときの顔がしぬほどかわいい
・Chiku Takuのピアノとその指(エンドレスリピート)が美しすぎる
・SUPERMANのシャンデリアの上でなんかananみたいなポーズしてるとこ
・キャップが似合わなくてやっぱり頭の上に乗ってるとこ
・Tシャツをオフショルにしてこれ見よがしに見せつけてくる鎖骨と肩
・スタミナが切れて徐々にダンスにキレがなくなっていくけどゆるやかでしなやかな動き

【全体的好きポイント】

・スイートアンサーでたどり着いた感じがした山ちゃん。
・パリモンの圭人りん
・Eveのラストサビ?の髙木さんがとても興奮した。
・抜かれるたびになんか可愛い変顔をする薮さん
・大ちゃんの神ファンサとタンバリンを上げたときの手の勢い
・ぼくとけいと(エンリピ)天使
・Chiku Takuの最後のやぶひかのユニゾン的なとこ
・元気がよすぎる80歳でエベレスト登頂に成功しそうなタンバリンを振る中島裕翔


改めてちゃんと見るとすごくよくできたライブだった。
テーマは一貫性があり、OPからエンディングまで楽しい楽しいパーティーの時間だった。
曲は違えどそれぞれにパーティー感があって、誕生日会であったりパリピの大騒ぎ(口説きます)であったり派手に盛り上がるパーティーから大人な雰囲気な社交界みたいな・・・。
山田くんがあの忙しい中これを一人でこうしたいんだっていって頑張っていたことは相当な評価に値するし、彼がこれをしたかったというのも伝わってきた、メンバーはそれを信頼して彼に任せたのだろうしそれはとてもやる気がある人を支持するという意味では正しい。
その中で、この春先から夏にかけて急激に忙しくなってほんとに死ぬんじゃないかって思っていた伊野尾君が山田君とステージ構成について相談していたことも私はとても嬉しいしすごいことだと思っている。

山田君と伊野尾君って仲がいいイメージはあまりないけど、山田くんからは伊野尾君を貶すような言葉を吐きながらも尊敬している部分と相いれない部分を両方を感じるとることができる。
とにかく真面目にストイックでしたいことは頑固一徹押していくタイプの山田君とスポンジみたいになんでも吸収するけど何を吸収したのかどれくらい吸収したのか見えにくい伊野尾君とではちょっと相容れない部分が多そうなイメージがある。

けど二人とも本来真面目で視点は違えどお互いに信頼おける仲間なのでその部分で山田君がお互いの忙しさを理解した上で相談した、というところにすごく深みを感じた。

ありがとう信じてくれて。

そしてこれは私が伊野尾担だから覚えているエピソードなだけであって、ほかメンバーもたくさん相談していろんな話をしてきたとは思っている。

そのうえでみんなが山田君を信頼していたのだ・・ということもよーく伝わるいいライブでした。

 

不満があるとしたら1つだけ・・・MCをカットしないでほしかった・・・。
まあ版権問題とかいろいろあったのかもしれないけどそれにしてもカットは切ない。
1枚で収まっているのはそういうカットがあったからなのだろうかなんにせよMCはその日その場にいた人しか聞けないからせっかくなので残しておいてほしかった・・・・。

ねえ聞いてる??Jストさん・・ソロアングル入れるかどうかで戦争させるくらいならもっと特典ばかみたいに入れて量産してくれよ・・・もっともっと売れるからさ・・!!!

 

そして今年(次のライブがあるなら)こそは全員でここという見せ場最高の盛り上がりポイントを決めて全力でぶち当たってほしい。

冒頭に書いた通り私がこのライブをあまり記憶していないのは自担を追いかけすぎたのもあるかもしれないけど、恐らくはどこが「このライブの最大の見せ場」なのかがいまいちわからなかったからだ。

全て楽しいパーティー色んなパーティーでもずっとパーティーだし好きなパーティーがたくさんだからバイキングで食べすぎて何食べたか覚えてないのと同じような感じになっているんだと思う。

私が記憶していないのは記憶力が低いのもあるけどその記憶力の低い私にドカンとパンチの利いた自担の存在などぶっとぶこれぞHey!Say!JUMPみたいなそういうのがほしい。

今年はライブがあるのかないのか10周年だけど静かだから分からないけど、きっといずれはある次のライブ、そこでどうするか・・その先10周年なんて一瞬で1年は過ぎるからそれよりもその先の11年目12年目20年目まで考えてみんなで大きく成長して欲しいと思ったしまだまだ伸びしろがたくさんあって、まだまだメンバー全員見せきれてない魅力的な部分がたくさんあると思った。

 

今年も最高のJUMPを見せてください。

よろしくお願いします!!

 

 

君を好きでよかった。

この年になってアイドルにハマるなんて思わなかった。
大昔それこそ中高生の頃に大好きだった当時のJrと同世代の私は今の年齢になって
自分より何歳も年下のアイドルにはまっている。


最初は若い子にはまるなんて(関ジャニさんは同世代だけど)と思っていたけど少し世代の違う彼らにはまることで、知り得もしなかった色んなことを知ることになって毎日がとても楽しい。

そんな中で出会った大好きなグループの3人の「自担」について少し話したいと思う。

 


私には3人の自担がいる。
それが関ジャニ∞の安田くんそしてKis-My-Ft2の横尾くん、Hey!Say!JUMPの伊野尾くんだ。
※ここではこの先私が普段呼んでいる愛称で呼ばせてもらう。


自担とは好きなグループで自分がメインに応援する人のことなのだけど、7人ないしは9人いるグループのメンバー
の中でよりどりみどりの中何故この3人を選んだのか・・・・。

それは私が彼らを「とても面白く興味深く放っておけない存在」と感じているからだ。

もちろん他の人が面白くないというわけじゃないしみんな魅力的でかっこいい可愛いすごい才能を持ったメンバー
が揃っていると思っているし基本所謂「箱推し」していく姿勢なので興味のないメンバーなどあまりいないほど
私はみんなあっての自担と思っている。
そこだけは誤解のないように言っておきたい。


才あるクリエイターで力強い優しさを持った音楽と自然を愛した安田くん。
特質的なアイドルとしての地位を確立したアイドル界の異端児横尾さん。
見た目とメンタルのギャップや滲み出る知性で常に癒しと驚きをくれるいのちゃん。


それぞれの魅力についてはグループのことも絡めて後日記事にしたいと思う。


惚れた原因や切っ掛けなんかはそれぞれ似たり寄ったり違ったり…。単純だったり遠回りだったり・・・。
一人好きになったら気持ちが移るなんてことはなく、それぞれ毎日毎秒大好きだ。
こんなに愛情注いでいて疲れるときもあるかもしれない。
だけど私は彼らを好きでいて後悔したことは一度たりともない。

 

好きでいて後悔するというのはどういうことかというと

「応援していたのに裏切られた」

と感じてしまう瞬間だろう。

これはとても悲しいことで、スキャンダルやいろいろなネットを通じて広まる悪い噂などに振り回されて大好きだった人を信じられなくなり辛い思いをしている人は沢山いると思う。

 

昨今SNSが普及しているが故にこういった噂や悪評というのは思わぬところをきっかけにあっという間広まる。
それが本当か嘘か、人として許せることなのかどうなのかは別として話題にでてしまうと誰だって悲しい。

 

声を大にして怒りを露わにする。もちろんその気持ちも大事な感情で、好きだからこそ納得いかなかったり腹が立ったりすることはあると思う。

 

しかし去年からその表現方法や感情のやり場のないが故に起きる攻撃的な言葉に振り回されたり、自分の感情を誤魔化して無理やり笑い飛ばそうとして大好きだったアイドルを「クズ」と表現する人を良く見かける。

クズな彼が好き、そんな彼だけど好きな私が楽しい。。。という楽しみ方も人それぞれあるのかもしれない。
例え同じ人を応援しているとしてもその捉え方や「彼はこういう人だ」という価値観は人によって様々で、それを統一させることなどできない。

だから全ての人に同じように思ってもらおうと思っているわけでもないしそうしない人を間違っているとも思わない。

 

観たものや読んだものによって、この子はこうなのだろうかと思い頭を捻るようなことは私一人の中にだって多々ある。

だが、私の根底にあるのはやっぱりただひたすらに彼らを「興味深い面白いずっと見ていたい」という気持ちだ。

 


だから私はスキャンダルが出ても「あらら」となる程度で何も感じない。
彼らはタレントであると同時に生きて当たり前の生活をして表には出さない深い考えを胸に秘めて生きている。
それについて言及するほど野暮なことはないと私は思っている。
だからお金を返せなんて、エンターテイメントを楽しむことを趣味にしている人間が言うにしてはナンセンスな言葉だと認識している。
否定はしないけど肯定もしない。
ただ私とは意見が合わないと思うだけ。

 

だからこそ私はどれほど叩かれようと、「●●ってクズだから」という言葉を見かけても悲しくはなるもののそれに引きずられて嫌いになることはない。


永遠何てことはないだろう。いつか私も卒業して離れていく日はくるかもしれない。
もし彼らを嫌いになること、担降りをすることがあるとしたら彼らが私が面白いな、と思わせる何かを見せてくれなくなった瞬間、そのことに私自身が飽きてしまった時だろう。
そうなったら私にはテレビに映る街灯インタビューを受けるお調子者と変わらなくなってしまう。
見る価値がある、応援したい理由がある。
だから私は安田君、横尾さん、伊野尾くんが好きだしずっと応援したいと思っている。


ああ、本当に好きでよかった。
雑誌やテレビやライブで彼らを見るたびにそう思う。

これからもずっとそうでありたいし、もっともっとたくさん彼らの色んな顔いい時も悪い時も可愛い時も不細工な時も見ていたい。

 

いつも元気をくれてありがとう!!

じゃにーずの沼(出会いそしてまた出会い)

どうもこんにちは誰でも大好き略してDDゆずぽんです。

 

現在、関ジャニ∞Kis-My-Ft2・Hey!Say!JUMPこの3つのグループを

毎日飽きもせず必死に応援している私ですが、そのきっかけを簡単に説明します。


2013年の10月私はとあるドラマを見ていた。
それが「夜行観覧車」でした※たぶん再放送のやつ

それを見てたら「ああジャニーズ・・あれ関ジャニ??」と目に留まったのが高橋良幸役を熱演していた
何を隠そう「初めての自担・安田章大だったのです。

ジャニーズといえば、中学時代タッキーに猛烈にはまっていて、当時住んでいた場所では見られない番組は神戸にいる従妹に録画をお願いしたり、夜な夜な録画したVHSの映像をハアハアいいながら鑑賞するほどわかりやすく普通にジュニアにはまっているだけの齧りかけのオタクでした。
全ては青春の思い出として箱にしまって15年後・・再びジャニーズの沼に落ちてしまったのです。


安田くんって可愛い、でもなんかすごい面白いないろんな意味で!!!!

ジュニア時代J家の反乱を見ていた私は、安田丸山錦戸は知っていたし、滝沢ファンだった私はなぜか渋谷すばるを毛嫌いし、
あと横山村上のことはなんとなく「こいつらはセット」と思い認識していました。

あれ??大倉って誰???

なんか見たことないイケメンがいるぞ?誰だこいつ・・・
この大倉不明現象を起こしながらエイトにはまるひとは結構いるという噂を聞き、私は大倉がいったい何者なのか
それも含めて関ジャニ∞について調べまくっていました。




で、今に至る。

端折りすぎましたが大体そんな感じでみんな転がっていくでしょ??
そんなもんだよ沼に落ちるって!!



エイトはお笑い、みたいに聞いていたけど案外みんないろんな才能も持っていて、何より雰囲気が良い。
そして惜し気もなく華々しくジャニオタデビュー!!
元かつん担の友達が何人かいたのですが誰一人再び沼に引きずり込むことはできず、私はぼっちでした。


ほんとにSNSのある世界でよかったね私!!!



それから1年・・2014年の10月くらいでした。

え?Kis-My-Ft2??名前wwwあれでしょちょっとオラオラ系のグループでしょ??

その前日までそう思っていた・・・けどある日某友人(仮にMちゃんとしましょう)
彼女が
「キスマイブサイク面白いよ」
とこともあろうことかエイト一筋の私に別Gの番組を進めてくるじゃありませんか。

へえーふーん・・そうなんだまあMちゃんは信頼できるしMちゃんが言うなら見てみようかな。



やっちゃったの罰ゲームスカイダイビングの回でした。


私はそれを見た瞬間

親方ー!!空からねずみ色のスーツのイケメンがー!

と空から降ってくるシータを初めて見つけたパズーのように好奇心で心の中が大騒ぎしていました。
あの八重歯の細身のイケメンはだれ??笑顔がまぶしい目が開かない!目がー目がー!!!

何歌下手なの?でも料理上手?踊りも下手?ファンサもしない。

 

何それ超面白い!!!!

 

こうして2014年までに私はすっかり掛け持ちBBAへと成長していったのです・・

 

 

最初のエイトのところまでで終わっていれば私もここまでDDにならずに済んだものを

 

そんな私の日常を思いつくがままに書き綴っていこうと思います。